次世代型実験店舗 GATHERING TABLE PANTRY「QRコード決済」と「セルフテーブル決済」を導入へ LINE Payと協業

次世代型実験店舗 GATHERING TABLE PANTRY「QRコード決済」と「セルフテーブル決済」を導入へ LINE Payと協業

目次

6月15日、LINE Payはロイヤルホールディングス(ロイヤルホスト、シズラー等を展開)の研究開発店舗「GATHERING TABLE PANTRY 馬喰町店」へ「LINE Pay」のコード決済導入を発表しました。

GATHERING TABLE PANTRY “街と共生する次世代型飲食店舗”とは

GATHERING TABLE PANTRY(ギャザリングテーブルパントリー) は、ロイヤルホールディングスが実験的にオープンした キャッシュレス決済に特化した飲食店(現金払いが出来ない) です。

決済手段としてはクレジットカードと各種電子マネーに対応しています。 カードは、VISA、MasterCard、American Express、JCB、Diners、Discoverなどの大手カードブランドに、 電子マネーは、楽天Edy、nanaco、iD、QUICPay、Suica、PASMOなどの各種交通系電子マネーが使えます。

GATHERING TABLE PANTRY(ギャザリングテーブルパントリー)で使える決済方法

GATHERING TABLE PANTRY(ギャザリングテーブルパントリー)で使える決済方法

新たなキャッシュレス決済手段の追加へ

今回このGATHERING TABLE PANTRYで、LINE Payと組んだQRコード決済を導入、決済時に店員に客席まで来てもらい、LINEアプリで表示したLINE PayのQRコードを読み取ってもらうことで支払いが完了します。

また、7月15日から「セルフテーブル決済」に対応する予定で、これはユーザーが客席に設置されたタブレットで支払い方法に「LINE Pay」を選択し、自身の端末に表示したQRコードを読み取らせれば支払いが完了する方法。

この方法を取れば、支払い時に店員を待つことなく、キャッシュレスでスムーズな支払いが可能となります。

新しい決済方法の利用方法

「LINE Pay」QRコード決済利用方法

  • テーブルにあるタブレット端末の下部「支払い実行」ボタンをタップ
  • 「店員を呼び出す」を選択する
  • ご自身のスマートフォンの「LINE」アプリ内、「ウォレット」タブ上部の「コード支払い」をタップ
  • パスワード(※)を入力し、コードを表示する(※「LINE Pay」起動時に入力済みの場合は不要)
  • 店員にコード画面を提示し、決済する旨を伝える
  • QRコードを読み取る(店員側で操作)
  • 決済が完了し、お手元の「LINE」アプリに完了のメッセージが届く

「LINE Pay」セルフテーブル決済利用方法

  • テーブルにあるタブレット端末の下部「支払い実行」ボタンをタップ
  • 「セルフ決済」を選択する
  • 「LINE Pay」を選択する
  • ご自身のスマートフォンの「LINE」アプリ内、「ウォレット」タブ上部の「コード支払い」をタップ
  • パスワード(※)を入力し、コードを表示する(※「LINE Pay」起動時に入力済みの場合は不要)
  • タブレット端末にスマートフォンのQRコードを読み取らせる(ユーザー自身で操作)
  • 決済が完了し、お手元の「LINE」アプリに完了のメッセージが届く

キャッシュレス飲食店の拡大を!

ファミレスとしては少し高い印象のあるロイヤルホストですが、既存の枠にとらわれない新しい飲食店の形を目指して進んでくれる姿は非常に頼もしいですね。

こういった実験店舗で得られたノウハウを生かして、既存の飲食店が現金を扱うことで被っているデメリットを白日のもとにさらし、業務効率化へ結びつけてほしいと思います。

結局はそれが私達消費者へ恩恵となって帰ってくるのですから。

Lilycat avatar
About Lilycat
Apple Payとクレカだけで生活したい。